香住温泉 旅館 NAVI トップ利用上の注意サイトマップ相互リンク

香住温泉 旅館 ナビ 香住温泉の観光、旅館はおまかせ!

香住温泉の宿泊情報サイトです。香住温泉の旅館、ホテル、民宿などの宿泊情報を掲載!

香住温泉 人気のお宿 香住温泉 グルメ特集

香住温泉 余部鉄橋(餘部鉄橋)

香住温泉 余部鉄橋(餘部鉄橋)

 余部鉄橋(餘部鉄橋)をご存知でしょうか?

余部鉄橋(餘部鉄橋)とは、正式には余部橋りょう(あまるべきょうりょう)といい、兵庫県美方郡香美町香住区(旧・城崎郡香住町)余部、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線の鎧駅〜餘部駅間にある鉄橋(単線鉄道橋)のことです。

 JR山陰本線鎧駅と餘部駅の間にかかる高さ41.5m、長さ310.7mの鉄橋で、トレッスル式と呼ばれる鋼材をやぐら状に組み上げた橋脚が特徴で、この種の鉄橋では日本一の規模を誇ります。

余部鉄橋(餘部鉄橋)の歴史

餘部鉄橋をはしる列車

1909年(明治42年)12月に着工し、1912年(明治45年)3月1日に開通しました。その長さ310.59メートル、高さ41.45メートル、総工費331,535円。現在の価格に換算すると、約42億円といいます。11基の橋脚、23連の鉄桁を持つトレッスル橋であり、国道178号線がこの橋りょうの下を走っています。

その独特な構造と鮮やかな朱色、また付近の情景とも相まって、鉄道ファンのみならず、山陰地方を訪れる観光客にも人気がある場所です。最寄り駅である餘部駅には、2008年4月6日まで裏山に展望台が設けられており、絶好の撮影ポイントとなっていました。なお、現在は架け替え工事のために、展望台は閉鎖されています。

余部鉄橋(餘部鉄橋)の架け替え工事

餘部鉄橋 線路の上から

余部橋りょうの架け替えは昭和40年代から検討されていました。結局、老朽化などから、現橋りょうの南側にコンクリート橋を新たに設置する計画となり、2007年春から架け替え工事が行われています。
その完成は2010年の春だとか。
それまでは、現在の鉄橋の上を列車が走るので、今のうちに餘部鉄橋の姿を写真に収めよう、という人も多いようです。そのため、餘部では観光客数が増えているとか。

たしかに、この餘部手今日の上を走る列車の姿は美しいですよね。

今のうちに、記憶に、そしてカメラに収めておこう、という人が増えるのもうなずけます。

写真が好きな人なら、特にそうなのではないでしょうか。

皆さんも、香住温泉にきたら、餘部鉄橋の方まで足をのばすのもよいかもしれませんね。

問い合わせ
香美町 産業部 観光商工課
Tel 0796-36-3355
Fax 0796-36-3809

香住温泉 旅館 ナビ このサイトについて

香住温泉 旅館ナビとは?

 このサイトは、香住温泉の旅館、ホテル、民宿などの宿泊所をメインに紹介しているサイトです。また、香住温泉周辺の観光スポット、グルメスポットなどについても紹介しています。
 観光にも、お仕事にも、このサイトはきっと香住温泉へやってくるあなたのお役に立つことでしょう。香住温泉の宿泊情報を探している人は左のメニューからどうぞ。

※ このサイトの情報は掲載時のものであり、プラン、料金、施設など、変更している可能性があります。旅館・ホテルの最新の情報については、「香住温泉 旅館こだわり検索」 , 「香住温泉 旅館空き室検索」などからデータを取得して下さい。

 Copyrights c2008 香住温泉 旅館 ナビ All rights reserved
last access:2009/08/14